​親知らず や 顎関節症,睡眠時無呼吸症候群,外傷の治療
下顎智歯(親知らず)のエック線画像評価

親知らずの抜歯などの外科処置の際,必要な場合に3次元的評価を用います.

​下顎の親知らずを抜歯する際は下歯槽神経(下顎管)の位置を確認して術式を選択しています.

必要に応じて撮影するCT検査は保険診療範囲に含まれます.

CT検査を行い下顎智歯と下歯槽神経の位置関係を把握します
​顎関節症の診断
​必要に応じてX線検査を行い,機能と骨の変形がないか確認を行います.
​症状に応じて必要な場合にはマウスピースを作製します

睡眠時無呼吸症候群と医科で診断され、オーラルアプライアンス(マウスピース様装置)による治療を予定し、診療情報を確認させていただいた方には、保険診療内で治療を提供しています。